2017年9月24日日曜日

必要とされること

人が自由へ向かうことが羨望の眼差しを得るのであれば「人間を自由にしていくこと」をビジネスにすることも的外れではないと思うのだ。

自由へ

もう少し、あともう少しで意思あるひと達が自分らしく生きる喜びと共に歩める日が来る。

まだそれは全体としてはマイノリティかもしれない。その大きな輝きがすぐに日本を包み込むかどうかは別としても、きっと大きな光になるだろう。

2017年9月3日日曜日

クリエイティブ

創作には「組み合わせる」か「削る」しかない。

2017年8月19日土曜日

決戦

局面を左右する重要な一撃は、指導者が打たなければならない。

陰陽

使い分ける、でもなく、演じ分けるでもなく。

内にある光と陰が自分にとって、そして誰かにとって必要な時に必要な方が出現すること。

それは言葉からやってくる感情をありのままに解放し、自由にすることで可能になるような気がしている。

2017年8月15日火曜日

旅立ち

「裏切った」などと去っていった人間に私怨を燃やすより、去られてしまった理由から成長の種を探す方がどれだけ建設的だろう。

去った側のことよりも、去られた人間の対応こそが観察されているし、更なる離散を生むかどうかは、その対応に委ねられている。

保存

いま携帯端末を通じて見ているこの文章も、記録の根源は実は遠く遠く離れた自分自身も知らない場所にある。

自分の命が尽きたとして、この記録はどの様に保存され、誰の手に託されるのだろう。そして、いつ、どうやって消えていくのだろう。

インターネットという壮大なる発明を使うこと一つとっても、何かに記録するということは自らの創作物を預け託すということ。

この瞬間も、一つの命を超えた広がりと連続が生まれていく。