2017年7月31日月曜日

好機

戦場から完全離脱すると想像以上のスピードで積み上げてきたものが消し飛んでしまう。

多少の寄り道はいい。けれど、薄くてもそのフィールドに張り続けなくてはいけない。

前後

現実なのか実現なのか。

総和としては等価のはずなのに、配列を変えるだけでそのものが持つ影響力がまるで違ってくることがある。

2017年7月30日日曜日

右肩上がり

成長をしなくなった企業がすぐに滅びていくのは、有能な戦士は血の沸き立つような戦場を常に求めてしまうから、ただそれだけだと思う。

停滞した集団の中で政治活動に身を委ねて見たり、社会貢献を始めてみたり、あるひとは仲間いじめに走ったり、そのエネルギーの矛先を他のものに振り分けようとするが、ある日気がついてしまう。

・・・どんなに誤魔化しても、あの熱い日々に勝る喜びは、もうこの場所では手にできないことを・・・


その先には厳しい選択が待っている。

その集団を飛び出して、ルーキーとして全てのプライドを捨てて新たな戦いの場所を求めるのか。既得権益と化し、次の若い命から蔑まれ、その組織の中で朽ちていく自分をただ見つめるだけの毎日を生きていくのか。

その未来が受け入れられないなら、最初から戦場には立たないことだ。

2017年7月29日土曜日

消費

お金は、移動するだけ。なくなったりも、増えたりもしない。

けれども、交換する、ただそれだけで輝きを増すものもある。

それがもし、お金と何かの完全なる等価交換であれば、むしろその連続は断絶するかもしれないということに大人達は気がついているのだろうか。

完全性の高い評価というものを追い続けることが、如何に虚しいことか、きっと気がつくことだろう。

良いと思うか、ダメだと思うか、関心すらないか、それくらいのざっくり感で良い。

2017年7月28日金曜日

残された時間

「あなたのiPhoneは5分後に充電が切れます」

その通知を突きつけられたとして、どんな曲を僕は聞くだろう。

2017年7月26日水曜日

火炎

言葉は炎。

一度放てば燃えやすいところからその意図とは関係なく燃え移り、周囲を灰にしていく。

気がついたら、守りたいものを焼き尽くしていることさえある。

炎に頼らなくても、討ち取りたい何かを制することは可能なはずだ。

2017年7月25日火曜日

勝ち癖

明らかに倫理に反しないかぎり、持てる武器は全て使う。ぼーっとしていると、そこに武器があることにすら気がつかない。

勝ちたいなら、ただそれだけ。

2017年7月21日金曜日

約束

状況とともにその瞬間の正解は変わり得る。

けれど「約束」をしないと物事が進まないことがある。

ある未来の瞬間の正解のために約束を破る勇気をもてるかどうか。

約束した瞬間に約束を破ることになった時に頭を下げる覚悟をもてるかどうか。

万が一の時に許してもらえるほどにベストを尽くす意思があるかどうか。

その強さを持つことができたなら、総論物事は良い方向へ向かっていくと思うのだ。

自由の重さ

「選択と自由」

その甘美な響きは、あらゆるものを正義にしてしまう。

けれど、ある人にとってそれは、恐怖でしかないこともあるということに、どれだけ寄り添えるかが大切だと思う。

許容

どんなに死力を尽くしても、守れないことがある。

そんなとき、犠牲が拡大しないために先ず許してあげなくてはいけないのは自分自身なのだと思う。

2番手、1番手

ある時は影、ある時は光。

その時々で変わる適切な役割を敏感に感じ取れてこそ、組織は輝きを増す。

2017年7月20日木曜日

大ヒット

大売れなんて狙うもんじゃない。

何度も何度も良いものをつくろうと試して、失敗して、たまに少しありがたがられて、その積み重ねの中で神様がふっと落としてくれるようなもの、そんな気がする。

2017年7月19日水曜日

強さ

何かを本当に変えたいのならば、現実から目を背けてはいけない。

けれど、ネガティヴの渦に影響を受けずに切り抜ける強さがないのなら、そのアプリを携帯から消し去ってしまった方が良いだろう。

その場所から離れたとしても、身の回りの大切な人を守るだけでも、十分に胸を張れる生き方だから。

2017年7月18日火曜日

弾ける何か

そろそろ、何かが弾けそうな気がする。

今回は遠ざかっておこう。この前の反省を活かすためにも。

自分の刃を磨ごう。何があっても前に進んでいけるように。

2017年7月13日木曜日

資産価値

適正価格のやりとりならば、M&Aをしたその瞬間には理論的には会社の資産価値は上がらずにそのまま、ということをしっかりと認識できている経営者はどれほどいるのだろう。

委任

何かを任せて欲しいのなら、まずは誰かに自分の大切な何かを任せてみること。

常に物事は、誰かに利を与えることから動き始める。

2017年7月6日木曜日

リスクテイク

最近、素敵だなと思う生き方を選んでいた気心知れた人たちが、さらにリスクをとって好きなことへと向かおうと歩みを進めている。

素直に嬉しいし、結果がどうであろうと彼ら彼女らにとっていつ振り返っても誇れる人生のひと時であってほしい。

2017年7月5日水曜日

相対評価

Bリーグは自分自身の過去との対比での相対評価でリーグの実力値の十分不十分を評価するべきではない。

プロ集団なら、日本のエンターテイメントビジネスのマーケットの中での実力値を物差しとするべきだ。

評価は顧客と市場が決める。その評価と掲げる理想との距離に厳しく向き合ってこそ、生き残る道が見つかる。

2017年7月4日火曜日

虚勢

見かけだけの成長曲線の提示や実態の伴わない能力の誇示は絶対にしてはならない。

かならず、破裂が待っている。