2015年2月15日日曜日

敗北を受け入れること

ブログでの正式な報告をしていませんでしたが、2014年11月に6年半勤めた三菱商事に辞表を提出、つくばロボッツに飛び込みましたが、チームの経営方針と折り合いがつかず、正式な雇用契約を巻く前に採用を辞退しました。

正直、悔しい想いでいっぱいです。

ファンにも、選手にも、少しだけ一緒に働いたスタッフにも、必ずロボッツを日本一に導きますと大口を叩いて飛び込みました。

けれど、結局何もできなかった。単に自分のチカラ不足でした。

でも、今はもう、この悔しさのエネルギーの矛先は、完全に自己の成長へと向いています。



-------
たくさん、たくさん、前の会社では得ることのできな経験をしました。たくさんの出会いがありました。

三菱商事という日本では有名な企業で働ける誇りは、いつの間にか捨て去ることの難しい歪なプライドとなって、どこか自分の本当の気持ちを閉じ込める重しとなってしまっていました。

けれど、それを一旦捨て去ってみて、三菱商事で働いた日々や、私を育てて下さった素晴らしい方々との出会いが、どれほど自分の人生を彩らせてくれたものだったか、そしてそれが今も自分の中で輝き続けているか、それを素直に誇ることができるようになりました。

そして、自分の好きなコト、好きな場所、好きなヒトに真っ直ぐと向き合うことがこんなにも清々しいことだと気がつけたのは、何より大きな収穫だったと思います。

だけど、結果は色々な人に迷惑をかけたし、心配もさせてしまった。大切なヒトをがっかりさせてしまった。何も期待に応えられなかった。


悔しい、悔しい、悔しい!


この悔しさ、この結果はすべて受け入れて、心に刻みつけておこうと思います。

二度とこんな悔しい思いをしないよう、手の届く範囲をしっかりと見極め、ひとつひとつの目の前のチャレンジに、ひとつひとつの目の前の出会いに、逃げることなく真正面から向き合っていきます。

バスケに限らず、嬉しいことも苦しいことも色々なことがいっぺんにありすぎたので、今はバスケをプレーすることを中心に、のんびりと「今」楽しむことに集中していますが、少しずつ動き始めています。



進路も固まりつつあるので、進路が確定次第、この場でご報告しますね。

今後とも、どうぞ応援よろしくお願いします!