2016年7月9日土曜日

自然体


何かを受け入れること。何かを許すこと。それが自分の心を傷つけるものであっても愛すること。どうやったらできるだろうってずっと考えていた。

やっぱり人間はそんな聖人君子になれはしない。

けれど、自分の人生を愛すること。それに目を向けたなら、どんな哀しみも怒りも、きっと穏やかな時間の喜びを実感するためのスパイスなんだって、もう少し自然に受け入れられる気がした。