2016年12月22日木曜日

距離感

大きく圧倒すれば追いつけないと思われ、少しの差なら小賢しいと思われる。中間的な距離を演出するなんて器用なことが続くはずはない。

人は、変えられない。機会を転がしたって、背中を見せたって、その本質を揺るがすことはできない。

何かに助けられて生きていくのなら、1人でも通じ合える人がいれば大満足で、総じてだましだましやっていくしか結局はないのだろう。