2010年11月4日木曜日

お詫び

ブログ、及びTwitterをご覧になって下さっている皆さんへ

Twitter上で、自身をわきまえない不適切な発言があった事を心からお詫びします。

大した影響力を持った人間でもないですし、このブログもそれほど人気があるものでもないですから、大袈裟かもしれませんが、自身をわきまえず偉そうな発言をしたのは恥ずべきことだと思っています。

顔を合わせた事も無いにも関わらず、シアトルに留学中のブログ時代から「感動した」「勇気づけられた」「頑張って下さい」というコメントを下さった方がいて、今も読んで下さっている方がいる中、自分でも言っている事とやっていることが違うし、これは裏切る行為だなと思いました。

ブログ、Twitterはどんな弱者でも世界に自分の言葉を発信できるツール。スターの様な人のブログでなければ大きな影響力はないかもしれませんが、その手軽さから、もしかしたらNBA好きの小さな子供が僕のブログやTwitterのメッセージをキャッチしていて悪い影響を与えてしまうかもしれない、そういったような意識が欠けていたように思います。

私は有名人ではないため、自分の日常をコツコツとブログに書いてもあまり意味は無いと思っています。だから今後も自分の経験ならではの視点から私見を述べることをチャレンジとして、このWEBの場を借りてお伝えして行こうと思っています。

間違うことを前提にこれからもブログを書くと言ってしまっては逃げですが、筆者がまだまだ若造の為、今後ともお気づきの点があるかと思います。その際は、私を知って下さっている方は直接、そうでないかたはコメント若しくはこれから設置予定のブログ用のメールアドレス等に率直なご意見、またご指導を頂けると幸甚です。(アドレス設置しました→ bloghirotanaka@googlegroups.com )

先ず、ウェブであってもコミュニケーションには相手がいて、コミュニケーションに応じてくれた人からは少しでも貴重な時間を頂いていること、そしてそれに誠心誠意で応じなければならないこと、自分の稚拙さから実際に複数の方に不快な思いをさせてしまったことを深く心に刻み、以後このようなことが無い様気をつけます。

本当に申し訳ありませんでした。

田中 裕之