2015年8月3日月曜日

ごまかせない想い



自分が過去に負った苦しみと同じの様な苦悩に立ち惑う人をみると、いてもたっても居られなくなる。

こういうときに限って「忙しい」とか「自分で精一杯」とか、そういう時期だったりする。

本当の意味で救えるかどうかも分からないのに。自分の傷が大きくなるだけかもしれないのに。


それでも、体が勝手に動こうとするのは、自分こそそうやって助けられてきたから体に刻み込まれているのであり、またそれこそが、人間の本能の一部ということなのだろう。

アホだなぁ、と思いつつも、少しだけ頭の中のお利口さんを黙らせて、感情に従ってみようか。