2016年5月3日火曜日

成長

一生懸命に生きれば生きるほど、ヒトは過ちを起こす。

けれども、間違ったらそれをしっかりと認めて迷惑をかけた人達にお詫びの気持ちをしっかり伝え、また、一からやり直せばいい。

きっと、心を許せる仲間がいれば、過ちを嘘で塗り固めることなどない。仲間の期待に応えたいという気持ちが、物事を正しい方向へと軌道修正する自浄作用へと導くのだと思う。