2016年5月30日月曜日

誰も勝つことのない闘い

諍いは、始まった時点で両者ともに負の禍根が遺ることが確定している。

戦争から学ぶべきこと、それは戦争を回避することに死力を尽くす大切さだと思う。

もし、衝突の煙幕を察知したのなら、そこからできるだけ遠ざかること。もし、闘わざるを得ない状況に陥ってしまったのなら、大切な人を守るためだけに闘うこと。大切な人が傷つかないのなら、決して深追いしないこと。

そして、戦争が回避できたなら、啀み合いの原因を冷静に見つめ原因に真摯に向き合うことへ歩みを進めること。


とても勇気のいることだけれど、自分が守ろうとしているものが何だったのか、少し深呼吸すればそこにすれ違いがあっただけのはずだということにきっと気がつくはずなのだ。