2016年4月20日水曜日

急拡大の痛み

中学生の頃、膝が痛かったのを覚えている。

身体が急激に成長するスピードに、接合部分がうまく適応せず、それが成長痛として、本人にしか分からない痛みとなって出現する。

その最中、指導者が無理をさせ、一生癒えることのない膝の怪我を抱えることはよくある話だ。

それは、いち個人と部活同だけの話ではない。きっと組織や会社でも同じことだ。

成長痛の割に、身体が大きくならなかった人間として思うこと。

それが、愛に守られた結果、不必要な拡大が阻止されたのだとしたら、見た目の大きさ以外にもかけがえのないものを数多く得ることができた素晴らしさを、全くの皮肉を無しに素直に「良かった」と言えることができると思うのだ。