2016年4月27日水曜日

勘違いの正義

正義には色々な形がある。

けれど、正義を語るときに考えなくてはいけないことがある。

その正義によって、大切な人まで破壊することにならないか。

大切な人を犠牲にしてまで、その正義を貫く必要があるのか。

大事な人を悲劇に巻き込んでよい正義など、この世に存在などしない。大切な人に危害を加えないで物事をよくしていく手段はあるはずなのだ。

もう少しだけ、自分が信頼している人間と深く話し合ってみて出てくる答え。

それは、きっと「調和」なのだ思う。